FC2ブログ
2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
諦観
何をどう思うおうが
現実は変わらない

巷にあふれる「幸せになる方法」は
大抵 自分の心持を変える というもの

私はそうできない
できない・・・と思う

もう勘弁して! と いくら愚痴ったところで
何からも解放されない

器は小さい
それは認める

だから
もう容量オーバーです

そして嘆いた後
そう嘆いたことに疲れて
変わらない現実を諦めながら一日をまた過ごす

本当に心が疲れている模様
タロウがいなくなって 堪える術がなくなったのか・・・
スポンサーサイト
 
里親募集
里親さま急募

熊本県宇城保健所より

乾咳をしていました。
咳込み嘔吐。
でてきたのはビニールでした。
何をたべて生きてきたのでしょう。



仮名 : ゆめちゃん
ナンバー : UK00013

犬種 :柴犬
毛色 :茶
性別 : 女の子
年齢 :7歳~10歳
備考 :フィリア陰性

無駄吠えほとんどありません!
お散歩も上手にできます。
性格はとっても温厚!!
体重10~15キロ



可愛がってくださる方をお待ちしています。
空輸ご相談ください。
この子を理解し家族に迎えてくださる方を探しています。

土田 悦子またはアニマルアシスト千手まで コメント、メッセージ、メールお待ちしております。
またワガママなお願いかもしれませんが
どうかみなさまの大切なshareお一人お一人
大切にしていきたいと思います。
もし可能なら「公開」でshareしていただけますと
ありがたいです。

※ 宇城保健所管轄町村の方。
下益城、宇城市、宇土市の方々。
宇城保健所は満杯で今一度ご自分の家族を
ちゃんと管理してください。
迷子札、放し飼い、脱走のないよう
よろしくお願いします。

-----------記事転載ここまで----------------
連絡先&記事元:フェイスブック 土田 悦子さん http://bit.ly/2K43dyf



 
意味を求める生物
思いもかけず 早くに あっという間に 逝ってしまったタロウ

その死は

平成 31年 月 31日 午前  時 30 分台(正確な分まではわからない…)

そして
彼は  13 歳 11 ヵ月 だった

3と1ばかりが並ぶ

令和 の時代に入らず 逝ってしまったタロウ

ヒトは こんなことにも意味を求めてしまう
彼の死が 自分にとって 必要であるのだと 納得したいからなのか?

厄介だね ヒトは・・・ 
 
七七日
255.jpg

昨日が七七日
葬儀をお願いしたお寺さんでは
毎月18日が観音会で誰でも無料で参加できる
ヒトはもちろんだけれど
主にペットの供養をして下さる
なので 七七日の供養の前に
その観音会にも参加してきた

観音経
とても響きがいいお経 だと感じました

年配のご夫婦
同じように大事な仔を失ってしまったのかしら・・・
会の最初から 涙を流されていた
お辛い気持ちが手に取るようにわかる・・・


七七日の供養では
お坊さんの近くでずっと座ってこちらを見ているタロウが見えていて
あぁ このまま 去って行ってしまうのかな… 
と思っていたら
こちらに歩いてきて
扉の前でくるっと振り返り
「まだ~?もう帰ろう~」と・・・

思わず笑っちゃったワタクシ
(あなたのためにやっているんだけれども・苦笑)
会の最初 
お坊さんのお話の時には泣いてしまったくせに
ちょっとずつ この状態に慣れ始めている証拠なのかもしれないねぇ

何が本当かはわからない
わからないから
確証がないから
混乱する

私はこれから もしかしたら そんなヒトと動物の助けに
いくらかでもなれるように
精進するのかも・・・ 


 
傍にいるよ
『Amaizing Afterlife Of Animals』 by Karen A Anderson

この本は一番私の助けになった
何故なら私が一番そうあってほしいと思うことが書かれてあったから
(もちろん このすべてが彼女の創作ではないとしたら という前提はあるのだれど)

この本の最後の方で一問一答のようなページがあって
「逝ってしまった仔は私がいなくて寂しがっていない?」という問いに
こういう答えがあった

Does my pet miss me?

I’m often asked if a pet misses their humans after they cross over,
And I’m sorry to say the answer is no, but let me explain why.
Your departed animals are never far from you and continue to be a part of your life.
Not much changes for them when they cross over to the Other Side.
They are still able to see you and love you, so they rarely say they miss you.
It may be difficult to hear that, but try not to get your feelings hurt.
It’s actually a good thing because that means they are still around you

よく訊かれるのが 我が仔たちはあの世に旅立った後 自分たちを恋しがっていないかということです。
申し訳ないが その答えは No です。
その理由を説明させてください。
旅立った仔は あなたから遠く離れてはいないし依然としてあなたの人生の一部なのです。
あの世に行った仔にとっては何も変わらない。
あの仔はあなたに会いに来ているし あなたを愛している。
だから滅多にあなたを恋しいと言ったりしない。
そう言われるのは辛いかもしれないけれど 傷つくことなんてないのです。
それどころか 喜ばしいことでしょう。
それは とどのつまり あの仔はずっとあなたの側にいるということなのだから。



死んでみないとわからない

そうなんだれども

この本で書かれたことが本当であってほしい と思う
そうであるなら
私はとても救われる
そして
私が今感じていること諸々が
本当であると思わせてくれる

もし今
私と同じような思いでいる方がいらしたなら
おすすめできる一冊です
 
プロフィール

タロウの母

Author:タロウの母
「美味しいお酒と肴で食っちゃ寝 
犬猫と遊んで また食っちゃ寝」
 を理想とする怠け者

2010年愛玩動物飼養管理士2級取得
同年 ホリスティックカウンセラー

タロウ (犬-男の仔・2005年春生) 
さっちゃん(猫-女の仔・2006年春生)
ハル  (猫-男の仔・2013年秋生)
ダイ  (猫-男の仔・2014年秋生)
と一緒に暮らしています
くぅちゃん(猫・女の仔・元野良)は
2009年初夏に家に来て1年後に身罷りました

おうちを求めています!
みんな幸せ NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
AISHAMANMAの手作りごはん
☆Aishamanmaの手作り薬膳ご飯      http://aishamanma.com/
オーラソーマ
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク