FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
犬と人と
久しぶりに 昔読んでいた方のブログを訪れた
その方は 犬と人と いかに楽しく暮らすかを考えている人だった

タロウが逝って
犬に関する物事すべてから遠ざかっていたけれど…

改めて この方の記事を読んでみて
タロウ目線で考えることが
今となっては 自分にとって 本当に当たり前になっているんだな と感じる

ドッグラン
今では もしタロウがいたとしても 絶対に行かない場所だけれど
(弊害が大きい と思う・・・) 
まだタロウが小さい頃 何回か 行ったことがある

最初の頃こそ
集まったお友だちわんこたちと 楽しそうに走り回っていたが
誰かに「わざと」転ばされた後
(犬はそういうことするんです・笑)
タロウははっきりと怯えた

まだ飼い主初心者だった我々は
それでも 友達と遊ばせたくて
彼の怯えを取り去ってやろうとはしなかった

だから
我々がタロウを呼ぼうとも 
見知らぬ人の後ろに隠れ
我々を遠くから見ていた

つまり タロウは我々を信用してなかった 
自分を守ってくれる存在として見ていなかった

毎日一緒に暮らしているのだから
ある程度の親近感?はあったにせよ
本当に心から大丈夫!とタロウは思えなかったのかもしれない

それが 一変したのは あの日だった

散歩中
お友だちわんこにあった
その仔はとてもいい仔なのだけど ちょっぴりハイパー
最初はいい感じに挨拶して お互いじゃれあっていたのだけれど
タロウは途中で 彼女のしつこさから逃げようとし始めた

その時 私はすぐさま
「タロウ おいで!」と声をかけ
両腕でタロウを囲い込むようにして
彼女からタロウを守った

あの時 まっすぐに私の腕の中に駆け込んできた タロウ

今でも あのタロウの表情を はっきりと思い出すことができる

あの時から 私とタロウの関係は変わった
そう思う

犬は 人の 所有物ではない
おもちゃでも 戦利品でも アクセサリーでもない

人の思い通りに犬を扱うことは
犬とともに暮らす醍醐味をすべて失う
もしかしたら
思わぬしっぺ返しが来ることもあるかもしれない


けれど
人が犬の意を酌もうとすればするほど
犬はそれ以上のものを返してくれる

本当に 万に一つの例外なく そうだと 断言できる

犬がもたらす幸せが そこにある

あんな日々がもう二度と来ないのだと
今 しみじみ 懐かしく 寂しく 思う




スポンサーサイト



 
今度はハル
先週 私は出かけたのです

今だと あんまり 大っぴらには言えないけれど
(ほら コロナ が・・・ね・・・)
東京の我が家へ向かいました

着いて 実家に電話を入れると

「ごめん 謝らなきゃいけないことがある…」 
と 姉が開口一番

「え!?! なにっ!」と慌てる私に一言

「今度はハルが出て行って帰ってこない…」



勘弁してくれ…



今晩は 先日のダイの家出を
実はダイがね~ なんて 笑い話にして
晩酌のおかずにしよう と思っていたのに…

そう来ましたか…

姉はもともと動物が好きではない
好きではないが
よく世話はしてくれるので本当に助かっている
でも 好きじゃないので 抱っことかはできない

だからね 
塀の上に ハルが座っているのを見ても
さっさと抱っこしてうちの中へ連れ帰る・・・なんてことができない

あぁ 東京に来たけれど
こうなったら トンボ返りか…

そう覚悟を決めたところ
数時間後
自らご帰還あそばしました ハル坊ちゃま

前回と同じところから脱出された模様
フェンスも置いておいたのに…
なぜに・・・

というわけで
これから ワタクシは 完全脱出防止の策を講じるのです

一日かかるのかなぁ…
 
ダイの家出
005.jpg
写真は以前の使いまわし

キャリーの上に載っているのが ダイ
仔猫の時にお姉ちゃん猫と一緒に捕獲機の中に入っていた仔
(お姉ちゃん猫は乞われてよそのうちの仔になった)

その小猫の時から今に至るまで
けっこうなビビりさん
一つ上のハルがいなかったら
この家で暮らすのさえ覚束なかっただろう というくらい

そのダイが 11日 姿を消した…

夜 ご飯を食べていると
外から猫の声がする
野良さんのケンカ? と思った私は
仲介に出ようと外へ

猫たちの方に近づくと
一頭 塀の上から向こう側へ ぴょ~んと消えていく子がいた
されに近づくと目の前にはハルがいた

え?
ハル?
どうして?
どこから出たの?

とにかくハルを抱っこして家の中へ

ハルが外に出てた~ と言うと
ちょうど来ていた姉が
「「ダイは?」と訊く

え?
ダイ?
ダイはどこ?

家の中をくまなく探し回ったがどこにも姿がない!

・・・もしかして
さっき塀の向こうに飛んだ仔
あれは ダイだったのかも!

調べたら
1階の網戸の下部分が外れていて
(力技でハルが抑えのゴムごと外したらしい)
そこから出たことがわかった

ビビりのダイ
普段なら ハルが出ようとも
自ら外に行こうとはしなかった

でも今回は一緒に出ちゃった・・・

さてそれからが私の受難の時間

猫たちを閉じ込め
出て行った窓を全開にし
その近くの勝手口も開け放ち
夜通し そこで私は寝ずの番
1時間ごとにダイの名前を呼び
周囲を探す

それが3日間

2日目の夜
私が「ダ~イ」と呼ぶと 2階にいるハルが「ニャ~」と鳴く
それを繰り返すと
そのうち どこからか ダイの声がした
ハルの声に反応したんだ!と嬉しくなる

方向は やっぱり 塀の向こうの お隣さんちの方
それでも 姿は確認できず

3日目は捕獲器を用意
ダイの好物を入れて
お隣さんちの近くに設置
今日もハルに鳴いてもらおうとしたのに
どういうわけか
ハルはちょっと鳴いてやめちゃう
なので ダイの声は聞こえなかった

朝まで待っても 何の進展もなし

朝ごはんも お昼ご飯も 夕ご飯も
全く作る気がしない
しないけれど そうも言っていられず・・・
姉が何か話しかけても 生返事

ネットで猫探しの情報を拾い集める

その中で ひとつ やってなかったことがあった

家の周囲に その仔の トイレの猫砂(使用済みの)を撒く というもの

朝10時
ダイの潜伏しているらしい場所から
家の勝手口まで
猫砂(と言っても木が原料のペレットだが)を撒いてみた

そうしたら!
2時間後 ダイが自ら帰ってきたのです~!

1階にいた姉が
何かが階段に向かったのを
あれっ?と気がついて2階に行くと 
そこにダイがいて
普段は絶対に姉に向かって鳴いたりしないのに
扉を開けて とばかりに ニャ~と鳴いたそう

あ~!
よかった~!
神さま 仏さま 
おかあさん タロウ 
ありがとう~!!!
(とにかく拝み倒した私・苦笑)

さっきまで この世の終わりのような気持ちだったのが
もうすべて雲散霧消

晴れやかな気持ちで
仏さまをお迎えすることができました

それにしても・・・

網戸
以前にも破られたことがあって
(それはそれはいろんな場所で!)
そうできないように
いろいろ工夫してあったのに・・・

点検を怠ってはイケナイ という見本です

今晩はゆっくり眠れます
あ~ もう本当に 皆さま ありがとう~!
と言いたい気分

姉がお祝いにと 「ウニ」 を買ってきてくれるそうなので
(安売りなんだって・笑)
ビールで乾杯しま~す

 
コロナ
コロナ第2波とか

最近よく読むブログ
http://shindenforest.blog.jp/archives/82620134.html
こちらでも

タロウやさっちゃんがお世話になった病院の先生
http://www.susaki.com/column/vol136.html
こちらでも

このようなことをおっしゃっています


うん そうね
私も基本的にはそう思うんだけれど・・・

高齢の父 
高齢になりつつある基礎疾患のある姉
とかが近くにいると

コロナはただの風邪で
死亡者数も本当は原因がコロナかどうかわからない
恐れるに足らず!
もし死んだとしてもそれは寿命!

とはっきりは言えず…

なんだか もやもやしたものを感じます
 
ここで怒りを発散する・・・
最近 さっちゃんは毎晩 私の寝室で眠る
夕ご飯の後片付けが終わるころになると

さぁ 行きましょう 

とばかりに
部屋の扉の前に 私を誘導するのです

まだまだ元気だけれど
ちょっと跳躍力が落ちてきたかな~という気もするし
よくお腹が緩くなったり
毎日のように吐いたりして・・・

う~ん 特別ケアが必要になってきているなぁ という感じです


さっき そのさっちゃんが やっぱり吐いちゃった

ぐっすり寝ていた私は気づくのが遅く
オットがその処理を…

ありがとう~と言ったけれど
眠りから抜け出せず
身体が動かない
そのまま再び眠りに…
と思ったら

処理する間も オットは

あ~あ!だの
もう!だの
さも嫌そうに声を出す

その挙句
眠れなくなったらしく
煌々と電気をつけ
ラジオを大きな音でつけた

私はこういうことはしない 
オットを起こさないように
自分が眠れないときでも
遠慮してラジオをつけたりなんかしない

オットはきっと否定するけれど
私にしたら
明かな嫌がらせ
お前は寝ていていいな!の抗議活動

最近長く睡眠時間が続かない私
さっきまで珍しく眠れていたのに!
すっかり目が覚めてしまった
もう~~~!
という怒りに任せて私は今これを書いている・苦笑

まぁ オットにはこういうところがある
本人気がついてないかもしれないけれど
けっこうイヤミに思える

夫婦って他人ですからねぇ
色々 私に対する不満があるんでしょう
それがこういうことに現れるのだと思ったりして

そして明日になって(ってもう今日だけれど)
おそらく
フツウの顔をして フツウの日常を送るのです

ということで 
恥ずかしながら我々夫婦の一端をお見せいたしました・笑

さて
これから私眠れるだろうか…


 
プロフィール

タロウの母

Author:タロウの母
「美味しいお酒と肴で食っちゃ寝 
犬猫と遊んで また食っちゃ寝」
 を理想とする怠け者

2010年愛玩動物飼養管理士2級取得
同年 ホリスティックカウンセラー

タロウ (犬-男の仔・2005年春生) 
さっちゃん(猫-女の仔・2006年春生)
ハル  (猫-男の仔・2013年秋生)
ダイ  (猫-男の仔・2014年秋生)
と一緒に暮らしています
くぅちゃん(猫・女の仔・元野良)は
2009年初夏に家に来て1年後に身罷りました

おうちを求めています!
みんな幸せ NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
AISHAMANMAの手作りごはん
☆Aishamanmaの手作り薬膳ご飯      http://aishamanma.com/
オーラソーマ
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク