FC2ブログ
2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
里親募集!
-------------記事転載ここから----------------

多頭飼育の子で飼えなくなったお年寄りが
保健所へ託しました。
なかなか慣れていなかった彼。
メンバーや職員さんと少しづつ慣らしていきました。
お散歩も上手になりました。
じつは彼長毛でしてカットしております。
カット前の写真もあります。
合わせてご覧ください。



仮名 : シンバ
犬種 :MIX
毛色 :茶、白
性別 : 男の子
年齢 :2~5歳
備考 :
無駄吠えほとんどありません!
お散歩も上手にできます。
性格はとっても温厚!!
体重15~20キロ
可愛がってくださる方をお待ちしています。
空輸ご相談ください。
この子を理解し家族に迎えてくださる方を探しています。


土田 悦子またはアニマルアシスト千手まで
コメント、メッセージ、メールお待ちしております。
またワガママなお願いかもしれませんが
どうかみなさまの大切なshare
お一人お一人大切にしていきたいと思います。
もし可能なら「公開」でshareしていただけますとありがたいです

連絡先&記事元:フェイスブック 土田悦子さん
http://bit.ly/2XJt3Og
アニマルアシスト千手  http://bit.ly/2wq2ttI

スポンサーサイト



 
拡散希望 (ネグレクトの猫たち)
2歳の子どもを虐待して死なせた人間が猫も虐待していた
親たるヒトは 我が仔をかわいいと思っていたはず
猫も かわいいと思っていたはず
けれども 結果は…
どうしてこうなってしまうのか
どうして虐待はなくならないのか
他人事ではなく 我がこととして 
一人の異常者(この場合は二人か)の異常な出来事  ではない
私たちの中に この異常さがあるのではないか そう考えることからしか
事件を未然に防ぐことはできないのではないか

動物の問題は いつも ヒトの精神状態の問題からきている
必ず
万に一つの例外もなく 必ず

だから 私たちは我が身を顧みなければならない と 静かにそう思う

以下は ニャン友ねっとわーく北海道さんのレスキューの話です
緊急拡散 募金のお願いしています
nyantomo55.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html

(以下 記事引用)

拡散希望!!】緊急レスキュー21匹(中央区ネグレクトの現場)の報告とご支援のお願い

当会に毎日収容依頼の電話がなります。
5月に入りほぼ毎日でした。

でもその電話は物々しい内容でした。

6月5日
南署から連絡の内容は

『家宅捜索する家の中に猫がいるので出したい。』
夜遅く9台のゲージとトイレ、水入れを届けた。
警察の方に
『猫を逃がさないように出来るだけ静かに捕獲お願いします。』
とお願いをしました。

次の日の朝どうしても気になり南署に足を運んだ。
警察からも電話が入った。
『赤ちゃん猫がいる』
警察につくと箱に入った4匹の乳飲み子を渡された。

警察の受付前でまずは100gくらいの4匹にミルクを与えた。
『ほかの猫はどこにいるんですか?』

案内された場所は車庫。
その中で3匹の猫と6匹の子猫が震えていました。

猫たちはみんな痩せており、悪臭を放っていた。

このままでは死んでしまう。
緊急性を感じ連れて帰ることを願い出て了承してもらった。
『飼い主に飼育放棄の話をしてください。』
本来なら身内の方にとお話をするところですが、猫の状態が悪くすぐにでも入院が必要な子もいると外見で判断したからだった。
(現在も下痢と高熱が続いていいる母猫や子猫もおり、点滴に毎日通っています)

この家の飼い主と思われる女性は逮捕されたことを後で知った。

ニャン友のCATラウンジのほかに、緊急対応できるお部屋があります。
お部屋をあたため、ご飯、水をあげると恐ろしい勢いで水を飲んだ。
もともと猫はそんなに沢山お水を飲みません。

一体いつから、ご飯やお水をもらっていなかったのか・・・。

丸くて可愛いはずの生後2か月の子猫の頬はこけてあばらがでていた。
とっくに離乳して良いはずなのに、ご飯をしっかりもらえていないから、ママのミルクだけに頼っていたせいだと考えられる。
子猫たちは皆栄養失調で本来この月例で、考えられる体重の半分ほどしかなく、抱き上げるとアバラ骨が手に触れた。
涙が止まらなった。
おしりから出血している雌猫がいたので乳飲み子をつけると、お世話をはじめました。

『ママ頑張ったね!6匹の生後2~3か月の子猫にミルクをあげながら、出産したんだね頑張った、頑張ったえらいね』と声をかけた。
衰弱がひどく病院でみてもらうために警察を通じて飼育放棄を願い出た。
日本の法律上、残念ながら猫はもの(所有物)として扱われる。
みんな命があり、生きているのに

やせこけた雄猫、この子は雄にもかかわらず3kもなかった。
お尻周りは毛玉だらけ
それでも
飼い主は全部で13匹いる猫のうち1匹は自分の猫であると主張していた。
やっと放棄を承諾したのは2日後の8日だった。
ほとんどの猫たちは入院が必要な状態だった。
成猫も痩せておりあばらがでていた。
現在子猫たちは毎日点滴に通っている

全頭、痩せておりとんでもない量の耳ダニのせいで、貧血症状がでていました。
また成猫は オスもメスも避妊去勢はされておらず、お部屋は多頭飼育状態で糞尿だらけだときいています。

とってもとっても、耳ダニと卵、アカがでてくる。
病院の先生にとってもらう間かゆいのか後ろ足をしきりに動かす。

話を聞くまでもなく猫たちの状態と悪臭から部屋の状態は把握できた。

母猫は子猫を一生懸命オスから守っていた。
飢餓状態の中では子猫は食べられてしまうことが多々あります。

とにかく緊急でケアが必要なため、メンバーやボラさんに緊急招集をかけて対応し、ラウンジにいる譲渡可能な猫たちの緊急譲渡会を開催すること決めた。

8日夜、南署からまた連絡が来た。
別の部屋(男の部屋)にも猫がいます。
家族が申し出た場合保護していただけますか。
続いて20時ごろ家族と思われる方から電話がきました。
「ひどい状態の中に猫がいます。
 助けていただけますか・・・今日お水やご飯を置いてきました。
トイレがなかったので明日はトイレを設置しようと思います。  1週間後にまたお世話にくる」
と話されました。

私は言いました。
『これからどうするのですか、人が1人死んでいるのですよ。猫たちは私たちが助けます。』

『えっ?すぐに来ていただけるんですか。』

『今からでもいきます。』

時計は22時をすぎてました。

電気が止められていて真っ暗で見えません。
そんな状態の部屋に猫がいても死んでしまう。
もう1人の部屋にいた猫たちはレスキューして入院させてケアを進めています。

「お願いします。  部屋がとても汚れているために入ってもらうことはできないがキャリーをもってきてくだされば猫を入れます。」
と話していた。

次の日、現場につき電話をすると
「赤ちゃんが生まれており母猫がうなっています。」
「お部屋に私たちを入れてください」

部屋の前に立っただけで多頭特有の悪臭、ハエも扉にとまっていた。

猫たちを1匹づつレスキューし車に移動しました。
ベットの下で母猫が子猫を守ってうなっていました。
子猫を保育ケースにいれ、母猫をキャリーに入れました。
子猫は90gくらい、生まれたばかりでした。
母猫はぐちゃぐちゃの部屋の中、雑紙や布をあつめ子猫を生んでいました。

前の日夜留萌振興局から4匹の乳飲み子と風邪をひいた子猫5匹入り、
GWからの猫の収容が毎日のようにあり子猫だけで50匹をこえる子たちがメンバーのもとでケアされています。
そして昨日の夜も5匹の子猫が箱に入れられ玄関に置かれていたと電話が入りました。
この5匹は、知人の個人ボラさんにお願いしました。

皆さんにお願いがあります。
出来るだけ自分たちの力で保護をすることを心がけていますが、5月の医療費だけで100万を超え、この中央区の事件現場からの保護収容と子猫の収容21匹で、どれだけかかるかわかりません。

緊急で医療費のご支援をお願いいたします。
皆様のお力を貸してください。



 
里親募集
里親さま急募

熊本県宇城保健所より

乾咳をしていました。
咳込み嘔吐。
でてきたのはビニールでした。
何をたべて生きてきたのでしょう。



仮名 : ゆめちゃん
ナンバー : UK00013

犬種 :柴犬
毛色 :茶
性別 : 女の子
年齢 :7歳~10歳
備考 :フィリア陰性

無駄吠えほとんどありません!
お散歩も上手にできます。
性格はとっても温厚!!
体重10~15キロ



可愛がってくださる方をお待ちしています。
空輸ご相談ください。
この子を理解し家族に迎えてくださる方を探しています。

土田 悦子またはアニマルアシスト千手まで コメント、メッセージ、メールお待ちしております。
またワガママなお願いかもしれませんが
どうかみなさまの大切なshareお一人お一人
大切にしていきたいと思います。
もし可能なら「公開」でshareしていただけますと
ありがたいです。

※ 宇城保健所管轄町村の方。
下益城、宇城市、宇土市の方々。
宇城保健所は満杯で今一度ご自分の家族を
ちゃんと管理してください。
迷子札、放し飼い、脱走のないよう
よろしくお願いします。

-----------記事転載ここまで----------------
連絡先&記事元:フェイスブック 土田 悦子さん http://bit.ly/2K43dyf



 
火事
今日 ごく近所で火事

ボンッ! キャ~! という音 声が2度ほど聞こえて
なんだろう? と窓を開けてみたら
大きく火が見えた…

慌てて 火元の方へ見に行く

火の前で そのお家のおばちゃんが立っている
集まってきた人がみんな 
「危ない! はやくこっちへ!」と口々に・・・

近くの消防団のメンバーらしき人が
消防車が来るまでにすでに消化を始めて
火の勢いは少し治まったように見えた

でも 見えただけだったかも
鎮火まで 随分と時間がかかった

おじちゃんは出かけていて無事
でも 娘さんが…逃げ切れなかった

本当に本当に 火事は怖い
他人事ではない
時間に追われてバタバタしているワタクシも
本当に気をつけなければならない

急ぐ時ほど ゆっくりと 慎重に

自分に言い聞かせる
 
NHKの番組のは 躾じゃない!虐待だ!
昨日NHKの番組をチラリと見た
オットが こういう番組があるよ 一応知らせておく とメールをくれたため
タイトルからして 胡散臭い感じが否めなかったが・・・

医療関係は まぁ スルー出来たけれど
躾をしています という男性のくだりには…絶句

あれは 虐待 というのではないのか?


途中で見るに堪えず・・・
一人でやっているとしたら  まず 最初から間違っている
一人で あの数の犬に対応できるわけがない
数をこなさないと商売にならないということか と思う

本当に犬を知っている もしくは 知ろうとしているなら
あれはありえない状況だと感じる

狂暴になるのには 理由がある
ヒトには 「突然」 に見えても 犬にとっては 「我慢」 の限界だったのだ
我慢して我慢して それでも わかってもらえなくて・・・
それ以上 そんな犬に 「我慢」 させてはならない
我慢しなくていいよ と言ってやらねばならない
そこからしか 本当に 「ヒトと共生」 する犬にはならない

何度も書くが
犬は ヒトが犬の言うことを聞くようになると
 
それ以上にヒトの言うことを聞くようになる
 のだ

なにが
『犬と生きるプロの現場』 だ  と思う

こういう 「わかった」ような 番組は 害にしかならない
何を考えてこんな番組を作ったのか 
NHKの真意を測りたい

http://getnews.jp/archives/1523848
こちらの記事を貼り付けておきます
 
プロフィール

タロウの母

Author:タロウの母
「美味しいお酒と肴で食っちゃ寝 
犬猫と遊んで また食っちゃ寝」
 を理想とする怠け者

2010年愛玩動物飼養管理士2級取得
同年 ホリスティックカウンセラー

タロウ (犬-男の仔・2005年春生) 
さっちゃん(猫-女の仔・2006年春生)
ハル  (猫-男の仔・2013年秋生)
ダイ  (猫-男の仔・2014年秋生)
と一緒に暮らしています
くぅちゃん(猫・女の仔・元野良)は
2009年初夏に家に来て1年後に身罷りました

おうちを求めています!
みんな幸せ NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
AISHAMANMAの手作りごはん
☆Aishamanmaの手作り薬膳ご飯      http://aishamanma.com/
オーラソーマ
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク