FC2ブログ
2020/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
若き日の想い
The thoughts of youth are long, long thoughts.

友達が毎年贈ってくれる猫カレンダーは日めくりで
毎日ちがう猫の写真と英語の文章が載っている

昨日のは
仰向けにひっくり返って 真ん丸な目でこちらを見ているトラ猫と
上記の文があった

文章だけではまったく意味不明だったので検索

すると これは
Henry Wadsworth Longfellow という詩人の作品の一部であることが判明
赤毛のアンのなかでも引用されていて
松本侑子さんが
「若き日の想いは、遠い遠い想い」 と訳されていた

遊んで~ といった感じで 両手を伸ばしているこの猫と
この 昔を偲んでいる詩が どう結びつくのはわからないけれど

なんとも無邪気な表情の猫が
いつか
「若き日の想い」に至る日も来るのかな

今の私のように・笑

この詩人の家?がボストンにあるらしいのだけれど
う~ん 
行った覚えナシ
覚えているのは

路地裏の家 とか 雨に濡れた歩道 とか 人気のない大学 とか
大道芸をしている人に少女がどうしても投げ銭を入れたい!とごねている姿とか・笑
私のボストンはそんな感じで
名所旧跡とは関係のない場面ばかり

旅とはそういうものかな とも思う

追記
https://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-3221.html
わざとやっているのではないのだと思う
自分のキャパシティを超えてしてしまうことから
悲劇が始まる

前園さん
そんなにお金持って 暇もたくさんあって 
もしかしたら知恵もあるのならば
こういうことが起きない社会システムを考えてほしい
宇宙はその後でもいいんじゃない?
スポンサーサイト



 
プロフィール

タロウの母

Author:タロウの母
「美味しいお酒と肴で食っちゃ寝 
犬猫と遊んで また食っちゃ寝」
 を理想とする怠け者

2010年愛玩動物飼養管理士2級取得
同年 ホリスティックカウンセラー

タロウ (犬-男の仔・2005年春生) 
さっちゃん(猫-女の仔・2006年春生)
ハル  (猫-男の仔・2013年秋生)
ダイ  (猫-男の仔・2014年秋生)
と一緒に暮らしています
くぅちゃん(猫・女の仔・元野良)は
2009年初夏に家に来て1年後に身罷りました

おうちを求めています!
みんな幸せ NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
AISHAMANMAの手作りごはん
☆Aishamanmaの手作り薬膳ご飯      http://aishamanma.com/
オーラソーマ
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク