2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
引っ張らない犬
先日

前の記事で話題にした マルちゃんのお散歩を私一人でさせて貰いました

どんなふうに引っ張るんだろう?

どんなふうに言う事を聞かないんだろう?

ラブだから 力は強いんだろうなぁ

なんてことを考えながら お迎えに行きました



まずショックを受けました

ケージに入っている とは聞きましたが

私のイメージでは リビングの片隅にまぁそれなりの大きさのケージがあるんだろうと…

とんでもない

マルちゃんが立つことのできるだけの大きさのケージが
(多分足を伸ばしては寝られないでしょう)

玄関脇に置かれていました

そして そのケージに立てかけるようにして

大きなカリカリの袋が口を空いたまま 置いてあります



きれいなお家です

マルちゃんをここに閉じ込めておくのは その辺りに理由があるんでしょうか

でも これは・・・


散歩に連れ出したマルちゃん

引っ張りません

はい まったく引っ張りません

どころか 走りません

走ろう!と誘っても すぐに止めてしまいます

これにも 私はショックを受けました

走らない犬がいる・・・

小川で水を飲みたいのだけれど

タロウなら入るだろう段差を怖がって 飲むこともできない

小さな小川を飛び越えることすら 躊躇する

慣れていないということもあるでしょうが 

まず 筋肉が落ちているのだろうと思います



食べることに とても強い欲求があります

楽しみといえば それくらいしかなかったのだろうと思います

牢獄に入れられて 

目の前にいつもご飯の匂いが漂っていて

・・・拷問に近いと思いませんか?

食べ物に執着するのも無理はないと感じます

それでも 拾い食いをしたときに 

口をこじ開けても 抵抗しない仔です
(もちろん おやつを代わりに食べてもらいます)


こんないい仔!

…と言いたいところですが 問題だらけだと思います

こんな風に歪めてしまったヒトに問題があるのです





6年間 この仔はどんな生活を強いられてきたのか

胸がつまる思いです



どうして わんこを家族に迎えようと思ったのか

これから先 少しずつおじいさんにお話を聞いて

マルちゃんの暮らし改善に向けて 努力していきたいと思っています




スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

この記事を読み おもわず涙がこぼれました。実はこのマルちゃんに近い境遇のワンコを知っておりました。
やはりゴールデンで生涯極端に短い紐にくくられ一日中身動きとれず過ごしているようでした。やはり奥さんは極端な綺麗好きなかたでした。
その奥さんペットショップにだまされたと言って怒っておりました。
誰かこの子もらって貰えないだろうかとも云われました。
しかし すでに2匹犬を飼っていた私は その子を引き取ることが出来ず その後間もなくそのこが亡くなったと聞きました。
綺麗好きな人は犬を飼わないで欲しいです。


マルちゃん・・・。不憫すぎる・・・。

犬だけでなく生き物の命とか、感情だとかに鈍感な人(飼い主さん)には、
何処まで自分が関わって、手を差し出していいのか考えすぎて躊躇してしまうんです。
私の中では、こういう人ってオバケより怖い人種です。出来れば関わりたくないのが正直な気持。
それでもマルちゃんの状況を見てしまえば、
飼い主さんに「犬と暮らすこと」がどういうことか少しでも伝えたいって思いますよね・・・。

マルちゃんのためにも、おじいさんのためにも、
タロウの母さん大変だとは思いますがじっくりゆっくりさりげなく話をしてあげてください。
少しずつでも改善されますこと私も祈ってます。




こんばんは。
今日、この記事を読んで太郎の母さんがいてくれて
本当に良かったと、
この犬の強運に胸を撫で下ろしました。
残念なことに、飼い主はまったく気づかずに悪気さえなく
残酷な飼い方をしている例は枚挙に暇がありません。
この犬の暮らしが少しでも改善されますことを祈っています。


☆リンママさま

息子さんが歯医者さんを開業なさったばかりで
とても新しいキレイなお家なんです
どうやって マルちゃんの環境を整えられるか
考えに考え中です
盗んじゃえ!という友達もいるんですが・爆
あまりにご近所過ぎて その案はちょっと…ハハハ


☆ミチヨさま

>大変だとは思いますがじっくりゆっくりさりげなく話をしてあげてください

そうなんですよねぇ
すこ~しずついかないとダメですよねぇ
おじいさん一家がなんとか変わってくれる様
地道にいきたいと思います

お化けよりコワい…
確かにね
生きている人間ほどコワいものはありません・爆


☆エトママさま

本当に悪気がないんですよね
制御できないから閉じ込める というだけで…
飼うべきではなかったお家にマルちゃんは行っちゃった という…
もし 最終的に本当にダメだと判断することになったら
うちに引き取るか
(でもそうなるといったい何頭引き取ることになるんだ~!!という悩みも出てくること請け合い)
他のお家を見つけるか
そのあたりまで視野に入れておきたいと思います


こんばんは。
マルちゃんかわいそうすぎる。
わたしのご近所でもマルちゃんのような飼われ方をしているコを何頭か知っています。
いつかお宅にお話に行こうか、と迷っているうちに一頭、また一頭と亡くなったり、突然いなくなってしまったり・・・。
アニマルポリスがあったらどんなにいいかと何度も思いました。
行政に通報したらなんとかなるのかなぁ。
と、独り言のようなコメントになってしまいました(^^;)


☆ハク母さま

行政かぁ
何にもしてくれないと思う・爆
だって 今回の災害での扱いを見ていても
動物って二の次三の次
警察の民事不介入 のようなこと言われて終わっちゃうんだろうなぁ と思います
やはり動物を飼う時に 何らかの資格を求めるべきだと
今でも里親探しをされている方が厳しい審査をされるように
どんな動物でも
心構えのない家には絶対に許可しない
そんな制度が必要だと ひしひしと感じます


プロフィール

タロウの母

Author:タロウの母
「美味しいお酒と肴で食っちゃ寝 
犬猫と遊んで また食っちゃ寝」
 を理想とする怠け者

2010年愛玩動物飼養管理士2級取得
同年 ホリスティックカウンセラー

タロウ (犬-男の仔・2005年春生) 
さっちゃん(猫-女の仔・2006年春生)
ハル  (猫-男の仔・2013年秋生)
ダイ  (猫-男の仔・2014年秋生)
と一緒に暮らしています
くぅちゃん(猫・女の仔・元野良)は
2009年初夏に家に来て1年後に身罷りました

おうちを求めています!
みんな幸せ NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
AISHAMANMAの手作りごはん
☆Aishamanmaの手作り薬膳ご飯      http://aishamanma.com/
オーラソーマ
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ