2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
animals makes us human (そのとおりだなぁ)
『動物感覚』の著者 テンプル・グランディンの本
『動物が幸せを感じるとき』(原題『Animals Makes Us Human』)を読み終えました

いや 正確には 一部読み残したところもありますが・・・

「にわとり」の章は どうしても先に進めなかった・・・
バタリーケージのことは当然ながら知っていたはずでしたが
いやいや・・・
昔は高価だった卵がとても安く手に入り
我々の栄養となってくれるのは本当にありがたいことだと思うけれど
こうまでして・・・生きている鶏を残酷な状態に置いたままで
卵を食べなくてもいい・・・気がします

ずいぶん前から放し飼いと謳っている卵を購入するようにしてはいたけれど
(父が卵好きなので)
近くの農産物販売所でも最近放し飼いの鶏の卵を売ってはいるようだけれど
どうも 実際は放し飼いじゃなさそうだし
(いいのかっ!嘘ついちゃいけませんっ!)
そうなると 何を信じていいんだか わからなくなって・・・

どとのつまりは 食べなくなる 方向になりがち

こんなこと言ってると 何も食べられなくなりそうだなぁ・・・


この本でもうひとつ思ったこと
それは
やはり ヒトが学習しなければならない ということ
この場合 文字通りの学習の意味もあるけれど
もっと 生きるということについての学習というのか
思い通りにならないことに怒りを爆発させるかわりに
なぜ思い通りにならないのか
そこに思いを馳せるとでもいうのかな

もしかしたら ヒトこそがトレーニングを待ち望んでいるんじゃなかろうか?
なんてことすら考える

「ヒト」なんて大きくでずに・・・
ワタクシ本人がそう望んでいるのかもしれないなぁ ということかな

あぁ とりとめのない読書感想でございます

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

人間とは何と残酷な生き物なんでしょうね。

人間以上に高度の知能を持った生命体が地球に現れたら
私達人間も鶏の様に扱われることでしょう。

動物行動学ですか••とっても興味のある本です。
今度私も読んでみます。:)

素敵な週末を〜


☆太っちょの母さま

なんて言うんでしょうね
考えないようにしている…という感じでしょうか?
動物が自分たちと同じように感じている 生きているということ
それを感じてしまったら面倒だと…
もしかしたらそんな風に無意識にも思っているんじゃないかな…
スルーしちゃうって それだけで 罪 かもしれませんよね…

イタリア 本当に羨ましい!
おいしいワインを(ばっかりじゃないか・笑)
たくさ~ん楽しんできてください!


人はその世界を、環境を思い通りにしようとする生き物なのでしょう。
定住生活、家畜、そんなことが今の人間の始まりなのでしょう。
最低限の生活用具を持って、狩りをしながら移動する、
そんな生活にはもう戻れないけれど、
自分でとれて、ころせて、たべられるものしかたべたくない、学生時代はそんな風に考えていました。

ちょっと関係ないですけど、日本はすぐゴミになるものをたくさんつくったり、買ったりするの、やめた方がいいと思うんですよね。マンハッタンやロンドンセントラルでもほとんど買いたいものはなかったのに、日本のデパート、駅ビルにカワイイもののあふれていること!こんなにたくさん誰が買うのでしょう。


☆まっちゃんママさま

体得する という言葉がありますが
それが希薄すぎるのが今なのでしょうか
脳がすべて ではないと思いますが
そういうワタクシも その一員なのかなぁ…
なんだか やりきれないなぁ

モノ 確かに溢れてますよねぇ
例えば 都会のマンション ですけど
あんなに必要なんだろうか? と
自分もマンション暮らしなのですが
それを棚に上げて つい思います
数十年後はどうなってるんだろう?なんてね
昨年 魔がさして買ってしまったフライパンは
もう使い物になりません
一年毎に買い換えるようにできているのかしらん?
30年前から持っている鉄のフライパンはまだ現役
「もったいない」とかいうのは
「経済」の前には意味を成さないのかなぁ
あぁ 便乗してボヤキになってしまいました…


プロフィール

タロウの母

Author:タロウの母
「美味しいお酒と肴で食っちゃ寝 
犬猫と遊んで また食っちゃ寝」
 を理想とする怠け者

2010年愛玩動物飼養管理士2級取得
同年 ホリスティックカウンセラー

タロウ (犬-男の仔・2005年春生) 
さっちゃん(猫-女の仔・2006年春生)
ハル  (猫-男の仔・2013年秋生)
ダイ  (猫-男の仔・2014年秋生)
と一緒に暮らしています
くぅちゃん(猫・女の仔・元野良)は
2009年初夏に家に来て1年後に身罷りました

おうちを求めています!
みんな幸せ NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
AISHAMANMAの手作りごはん
☆Aishamanmaの手作り薬膳ご飯      http://aishamanma.com/
オーラソーマ
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ