fc2ブログ
2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
『類』を読んで
私は森鴎外が嫌いだった

高校の教科書に載っていた 『舞姫』
最後の最後で 主人公たる男が
(相手の女性にひどいことをしたけれども) 自分の心も傷ついた 
といったようなことを呟いて…

ふざけるんじゃない!

そう思った

抜け抜けと そんなことを言える森鴎外は(だってほぼ実際にあったことでしょう)人としてどうかしている
そんなふうに感じていた


今回読んだ本は その鴎外の末子 類 の人生を辿ったお話
最初の頃こそ 
いやぁ お金持ちって途方もないなぁ
作家ってそんなに儲かる職業なのか? 
と思うくらいで
正直つまらなかったのだけれど

(閑話休題
 わかぎえふ(表記が正しいかどうかは?)が
 某作家のご母堂が断りもなく家を印税で買ったりする という話を聞いて
 「エ、エッセイってそんなに儲かるんですか?」と思わず問い詰めたくなった という話を思い出した)

類が絵でも文章でも芽が出ず
というより それらにものめりこまず
結婚はしたものの仕事といえるものもなく 
鴎外の遺産で食べていけるはずがそうできなくなって
生活が厳しくなってきて・・・

自分は何をしたいのか? と 今更ながらに自分に問う類
そこに 私は自分を見てしまった

いやだいやだ
この年になって自分探しなど まっぴらごめん
とっくの昔にそんなこととはおさらばして
図々しいオバサンになったはずだったのに

危険な本だわ…

朝井まかてさん
最近好きになった作家さんだけれども 
なぜ 彼を書こうと思ったのか 知りたいところ

この本を読み始めた頃
偶然にも堀井鴎一郎さんというお医者さんを知り
彼が鴎外の孫(次女の子)だとわかって・・・

なんだか符牒が…

ちょっと鴎外について調べてみようかと思ったりしている


追記

ウィキペディアの彼の欄に

晩年の幸田露伴は鷗外について、「蓄財と出世にしか関心のなかった男」と酷評している


とあって ちょっと笑ってしまった
やっぱりね(・・・と私ごときに言われたくもなかろうが)
幸田文の文章が好きな私は こちらに1票 という気持ち







スポンサーサイト



 
Secret
(非公開コメント受付中)

森鴎外
我が家の近くに観潮楼が有ったので(現在・鴎外記念館)なんとなく鴎外は身近に感じてました
子供の頃には観潮楼跡に鴎外の三男の類さんが小さな本屋「千朶(せんだ)書房」をやっていたので
近所の子供たちと集って遊びに行きました・・・そにうち閉店してしまいました
その後文京区立鴎外図書館となりよく利用しました鴎外記念館設立で図書館はすぐそばに移転し今でも
頻繁に利用しています。


ティコティコさま
千朶書房の話も本には出てきました
ティコティコさんが実際に行かれていたとは!
観潮楼・・・記念館になってよかったのでしょうね
ちょっと話はズレますが 
大きなお屋敷跡が何分割にもなって 
小さなお家がたくさん建つのを見ていると なんだか寂しくなります


プロフィール

タロウの母

Author:タロウの母
「美味しいお酒と肴で食っちゃ寝 
犬猫と遊んで また食っちゃ寝」
 を理想とする怠け者

2010年愛玩動物飼養管理士2級取得
同年 ホリスティックカウンセラー

タロウ (犬-男の仔・2005年春生) 
さっちゃん(猫-女の仔・2006年春生)
ハル  (猫-男の仔・2013年秋生)
ダイ  (猫-男の仔・2014年秋生)
と一緒に暮らしています
くぅちゃん(猫・女の仔・元野良)は
2009年初夏に家に来て1年後に身罷りました

おうちを求めています!
みんな幸せ NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~
AISHAMANMAの手作りごはん
☆Aishamanmaの手作り薬膳ご飯      http://aishamanma.com/
オーラソーマ
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク